静寂という
精神世界

日本庭園

十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー
十川日本庭園研究室のつくる庭のキャッチコピー

三六九庭

蓬莱神仙(ほうらいしんせん)の世界観を山水画的枯山水で表現した日本庭園
本庭は、辰巳(南東)の方角に三六九という数で構成した蓬莱神仙(ほうらいしんせん)の世界観を山水画的枯山水で表現したものです。

「蓬莱神仙」とは古く紀元前の中国,燕,斉地方で起こった土着信仰で,東方海上に蓬莱神仙世界があるとし,蓬莱,方丈,瀛州(えいじゅう)の三島などが想定され、これらの島は神仙島ともいわれ,そこには宝物や不老不死の仙薬が蔵されていると説かれました。このような説は,方士という人々によって広められ,秦始皇帝などは多くの方士に仙薬を求めさせました。一説に,この蓬莱神仙世界は,日本であるとも言われています。以後中国においても日本においても,庭作りのテーマとして広く用いられています。

久龍庭

「四神相応の青龍」をテーマとした日本庭園
母屋の東側に位置する事から「四神相応の青龍(しじんそうおうのせいりゅう)」をテーマとした設計です。四神相応とは、地相を天の四神に応じた最良の土地柄から

東は青龍の青、南は朱雀の赤、西は白虎の白、北は玄武の黒とし、
これは中国思想で大陸全図を見れば川は全て東に流れ、その先は海であり、
東は水の守り神である龍神から青龍、
南は太陽信仰と鳳凰の変化である朱雀、
西には、山岳地帯から頻繁に危険な虎が出没したことから白虎、
北の黄河流域は、湿地帯で蛇や亀が多く生息していたことから玄武となり、中央は皇帝が纏う黄色で、土そのものの色を地上の最高とされました。
桓武天皇がこれに基づき延暦年間、平安遷都したという記録があります。古来より多くの作庭にも用いられ、世界最古の作庭秘伝書である作庭記(前栽秘抄)に於いても「青龍の東北より水を流し、南の朱雀に池を穿つ」と記され、源義経でおなじみの岩手県平泉にある毛越寺(もうつうじ)にもその様式を見ることが出来ます。

庭園名

庭園Cの説明
ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。ここに庭園の説明が入ります。