1. HOME
  2. ブログ
  3. 四ツ目垣の作り方(胴縁四段吹き寄せ)

四ツ目垣の作り方(胴縁四段吹き寄せ)

四つ目垣の作り方

十川日本庭園研究室です。今回は四つ目垣の工法について簡潔にまとめましたので、ご参考にしてください。また、シンプルな垣根ですから、材料の選別や細部が解りますので写真をよくご覧ください。質問等はメールにて受け付けております。

①親柱

地盤の高低差と距離を測り割間(わりま)を計算し、内径立子(たてこ)の芯の外側に親柱(おやばしら)を立てます。

②間柱と胴縁

立子の天端(てんば)と胴縁(どうぶち)の位置に水糸を張り間柱(まばしら)を立てます。水糸は胴縁の太さ分ずらします。

中央にチョークラインで印をして親柱にホゾ穴をあけます。

ホゾ穴に合わせ竹を削ります。

親柱にすべて元口の胴縁をさしこみ、ドリルで穴を開け釘またはビスで止めます。

末口どうしのつなぎは中に細竹を入れて印籠継(いんろうつぎ)にします。

胴縁のゆがみをひも、または間に竹を入れて調整し、結束(けっそく)後、立子にビス止めをします。竹どうしはビスで止まります。

③立子

立子を太い順に割り振り、足や頭で押さえながら下から棕櫚縄(しゅろなわ)で結束します。

立子の二本合わせは組み合わせ方が重要です。節をそろえずに竹の正面をずらすのがコツ。

立子を裏側も結束します。

二本合わせは、縛り方にコツがあります。

立子を全て真っ直ぐに調整した後、横ぶれしないように胴縁の上から三段目をからげます。立子は上下に動くことはありませんが、左右には動きます。地面に打ち込めない場合は二か所からげます。

結束の細部

からげの細部(カイヅル)

④完成

その他の竹垣の実践的且つ具体的な工法については下記よりご覧ください。

建仁寺垣


大津垣


御簾垣

桂垣

創作垣

筧(かけひ)

枝折戸(しおりど)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

代表・作庭家紹介

プロフィール写真

十川 洋明(トカワ ヨウメイ)

17歳で庭の世界へ飛び込み、その素晴らしさに魅了されました。造園会社数社で修行を積み、1996年に「作庭処 彌右エ門」(現 十川日本庭園研究室)として独立。以来、個人邸の作庭工事を手がけながら、古庭園に興味を持ち京都を初め全国の庭園を見てまわり研鑽を積んでいます。千葉県山武市在住。

 

<主な経歴>
1998年 重森三玲記念館庭園施工
1999年 靖國神社神池整備工事参加
2001年 靖國神社苑内常駐管理責任者
2004年 中国蘇州市に日本庭園施工

 

通常業務以外に日本庭園の古式工法の検証及び技術指導・講演も行っております。詳しく公開されることがなかった技術を、様々な方々にご提供できればと考えております。ご質問・ご相談等、お気軽にメールにてお問合せください。

 

プロフィール詳細

 

よく読まれている投稿

最新投稿