1. HOME
  2. ブログ
  3. 頬杖支柱の作り方

頬杖支柱の作り方

頬杖支柱の作り方

十川日本庭園研究室です。皆様からのご要望につき、支柱の掛け方を紹介いたします。私が若い頃、どこの誰に何を習っていいのか解らずに悩んでいたころを思い出し、原稿を打ちました。今後の造園業の方々のお役に立てれば幸いです。

①はじめに

杉山をキレイにしよう計画
今回は、頬杖支柱の作り方を紹介します。支柱には、八ツ掛け支柱、鳥居支柱、一本支柱など種類は様々です。移植後の樹木は台風などの影響により、細根が切れることで、水分や栄養分が葉まで行き渡らずに衰弱します。

従って、支柱をかけることは倒木の被害を防ぐとともに、枝枯れを防ぐ効果もあります。三十年前に教わった技術なのでご存じの方も多いと思います。また、倒れた木はクレーン等でそのまま起こすと、細根が切れるのでご注意ください。特にサクラ等はそのまま起こしますと、ほとんどが枯れてしまいますのでご注意を。

②ヒノキ丸太の加工

柱の上下の見分け方は、旋盤加工されたものは、小口の赤みが多いほうが下(モト)です。焼き丸太や赤みが判らないときは、中央を吊り上げて重いほうが下です。

チェンソーで柱の先端を三角に切り込み、丸く削ります。

切れ端を合わせて確認します。

ビスで止めしますが、あくまで仮止めです。

両側、四か所カスガイを打ち込みます。

防腐剤を塗布します。

③立込み

下げ振りやスタッフを使い、穴を掘ります。枝や幹のあたる部分にスギテープを巻き、棕櫚縄で結束します。時間がたつと枝が下がるので、養生テープや杉皮などはとにかく厚いほうが良いです。周りに笑われるくらい厚くします。

ポイントは地盤が緩いときは下がらないように柱の下に石をはかせます。さらに、砕石や砂利などで突き固める事で強度が上がります。また、柱周りの地盤を高くして、水はけを良くすると長持ちします。根元から腐りますのでご注意を。

今回はこちらで終了です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

代表・作庭家紹介

プロフィール写真

十川 洋明(トカワ ヨウメイ)

17歳で庭の世界へ飛び込み、その素晴らしさに魅了されました。造園会社数社で修行を積み、1996年に「作庭処 彌右エ門」(現 十川日本庭園研究室)として独立。以来、個人邸の作庭工事を手がけながら、古庭園に興味を持ち京都を初め全国の庭園を見てまわり研鑽を積んでいます。千葉県山武市在住。

 

<主な経歴>
1998年 重森三玲記念館庭園施工
1999年 靖國神社神池整備工事参加
2001年 靖國神社苑内常駐管理責任者
2004年 中国蘇州市に日本庭園施工

 

通常業務以外に日本庭園の古式工法の検証及び技術指導・講演も行っております。詳しく公開されることがなかった技術を、様々な方々にご提供できればと考えております。ご質問・ご相談等、お気軽にメールにてお問合せください。

 

プロフィール詳細

 

よく読まれている投稿

最新投稿